「結果にコミット」は無駄!?最短で結果を出すには〇〇にコミットしろ!!

▼【PR】高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner

photo by ameblo.jp

どうも、ひろつぐサンタです。

もうクリスマスも終わりますが、
僕からのクリスマスプレゼントです。

「最短で結果を出す方法」の解説動画をプレゼント!

 

「結果にコミットする」

というキャッチコピーがありましたが、
それだと結果が出ない場合が多い。

と、僕は思ってます。

※ちなみに「コミットする」は
「強く約束する」というような意味。

 

じゃあ、最短で結果を出すには
何にコミットすればいいのか?

ということを、話しています。

 

 

「”結果”ではなく“原因”にコミットする」

というのが、僕は最強だと思っています。

 

多くの人は目標を立てるときに

・10kg痩せる!
・テストで100点取る!
・ビジネスで月収100万円稼ぐ!

というような

「結果にフォーカスした目標」

を立ててしまいがちです。

これが良くない。。

 

そういった目標にしてしまうと
「やること」が明確になってないので

・10kg痩せる!と思いつつ、ケーキ食べてしまう

・テストで100点!と思いつつ、スマホいじいじ

・月収100万円稼ぐ!と思いつつ、YouTube見まくる

 

のような悲惨な状態になってしまいがち。

というか、もう僕自身が、その典型でした。。
(ビジネスやろうと思いつつ
ネットでドラゴンボール見まくったりね。)

 

で、どうやったらその惨劇を回避できるかというと

「原因にフォーカスした目標」

を立てるんです。

・10kg痩せる!じゃなくて
「毎朝30分走る」「ケーキは週に1回」

・テストで100点!じゃなくて
「毎朝30分早く起きて勉強」
「5分空いてたら空き時間は単語帳見る」

・月収100万円稼ぐ!じゃなくて
「1日1記事しっかり書く」
「1日1サイトの構想を立てる」
「1日1つ求人を出す」

みたいな。

 

んで、それを死守するわけです。
その自分ルールに絶対服従する。

ルールは法律。破ったら死。
死んでも守りきる。

と。

 

そうすれば、必ず何かしらの結果が出ます。

よく「原因と結果の法則」とか言ったりしますが、

必ず、原因があって結果が出る、わけなので、
結果を出したかったらその原因を作るしかないんですね。

結果が出てからその原因が作られるなんてことは
120%有りえない。と。

 

なので、結果を出すための原因を
自分ルールとして作るんです。

後は、それを淡々とやる。

感情を失ったロボットのように
黙々と淡々と、毎日やり続ける。

それこそが、結果を出す最強の手法です。

 

「”結果”ではなく“原因”にコミットする」

何かしらで結果を出したい場合は
ぜひこの考え方取り入れてみてください。

圧倒的に結果でやすくなりますよ。
僕が自分で実証済みです♪

 

動画では

「原因にコミットして自分ルールを死守するには
やらざるを得ない環境に身をおくべし」

という話もしています。

どうやって
「絶対にやらざるを得ない環境」
を作るのか?

後半で話しているので、
ぜひそのテクニックも取り入れてみてください。

 

▼高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。