【量質転化の法則】迷ったら全部やれ!全てはテストマーケティング

▼【PR】高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner

成功者の共通点は…

どうも、ひろつぐです。

どんな分野でも、
成功する人・うまくいく人は、
成功するべくして成功している。
うまくいくべくしてうまくいっている。

 

うまくいく人とうまくいかない人には
いろんな違いがあるわけですが、

最近しみじみと感じている、

「成功できる人と成功できない人との決定的な違い」

ということについて、
今回話していきたいと思います。

 

ちなみに、僕もこれに気づけるまでは、
まーーーーったく成果が出せませんでした。

 

でも、この話を知ってから
成果の出るスピードが飛躍的にアップしたんです。

・ビジネス成功したい人
・人間関係を良くしたい人
・恋愛うまくいきたい人
・ギターうまくなりたい人
・勉強できるようになりたい人

そんな方にはぜひ知っておいてほしい。
めちゃめちゃ役立つ話になっています。

 

動画で解説しています。

最初の5分で重要なエッセンスは
話しきってしまっているので、
とりあえず聞いてみてください!

 

 

 

結局、「迷ったら全部やる」
これに尽きます。

特に最初の頃なんてのは、何にもわからないわけです。

 

ここで、昔のうまくいかない僕は

「わからないからとりあえず勉強してからやろう!」

ってなって、行動しないわけです。

これだと本当に成長スピードが遅い。
結果が出るのも遅い。

 

そうじゃなくて、

「わかんないからこそ、とりあえずやってみる」

これが正解。

 

例えば、サイトを作ってビジネスするなら、
まず最初に大筋の戦略を「何となくでいいから」知る。

そしたら速攻で行動に移していきます。

 

とりあえずわかんないけどドメインとる。

わかんないけどワードプレスブログ作る。

わかんないけど外注ライターを雇う。

わかんないけど1サイト作ってみる。

 

これが死ぬほど重要なわけですね。

 

わからないことは「やってみる」ことでしか
わかるようにはならないんですね。

 

「まずはドメインの勉強をしてみよう」

→『ドメインの勉強なんていらん!まず取得してみろ!』

「まずはワードプレスの勉強をしてみよう」

→『いやいやまずはワードプレス作ってみろよ!!』

「まずは人の雇い方を勉強してみよう」

→『速攻で1人目を雇ってみろよ!そしたらわかるから!』

 

と、昔の僕に言いたいわけです。

 

 

あとは、選択肢が2つ3つとあったときに
いちいち「んーどっちがいいかなぁ」とか考えるのも
時間の無駄です。

迷ったらどっちもやってみるんです。
(なぁ聞いてるかい、昔のおいら。)

 

例えば、サイトを作って収益を上げるにしても
サイトのテーマを決めなきゃいけない。

・ダイエット
・育毛
・転職
・健康
・医薬
・ディズニー
・子育て
・ゲーム
・音楽
・ディズニー

他にも無限にテーマはあるわけですが、
「ダイエットと育毛、どっちがいいかなぁ?」
とか迷ってる暇があったら
両方やってみればいい、ってことです。

 

サイトに記事を書いていくのに
キーワードも決める必要があるわけですが、

『「ハゲ 予防 やり方」と「ハゲ 改善 即効性」
っていうキーワードが良さそうだ。
どっちにしようかなぁ??』

とか悩んでる暇があれば、
両方のキーワードで記事書いてみればいいんです。

 

迷って立ち止まってる暇があれば
その時間で両方やってみた方が早い。

圧倒的スピード感を持って
テストをしてみるわけですね。

 

そしたら結果がでるので、
その結果を比較して初めて

「こっちの商品の方が売れた!」

「こっちのキーワードの方がアクセスきた!」

ということがわかるわけです。

 

だんだん経験を積んだり知識がついてくると
パッと見ただけでどっちがいいかが
わかるようになってきますが、
最初の段階ではそんなのわからなくて当然。

なら、やってみてデータをとるしかない。

 

知識や経験のある人に聞くのもいいですが、

「これとこれどっちがいいですか?」

というような質問は、あまり良くないです。

そこで答えをもらうことは簡単ですが、
それでは自分の力になりません。

自分1人の力では何もできない人になってしまいます。

 

ではなく、質問するならこんな風に聞きましょう。

「これとこれをやってみてこんな結果がでました。
この結果を見て私はこんな風に思うのですが、
〇〇さんはどう思いますか?」

これがうまくいく人の質問の特徴です。

 

前者と何が違うのかというと

「やる前から聞く人」
「やってから聞く人」ですね。

 

結局、やってみないことには何もわからないので
「つべこべ言わずにまずやる!」てことですね!

 

そんな風に、

「やる→データ検証→やる→データ検証→やる」

ってのを繰り返していくうちに
当たる確率が上がっていきます。

 

つまり、最初は「圧倒的な量」をこなす。と。

「量質転化の法則」とか言いますが、
量をこなすことでしか質は上がりません。

 

 

例えば1サイト目に作ったサイトと
100サイト目に作ったサイトだったら

どんな人でも確実に100サイト目の方が
良いサイトになるんですね。

それと同じで、
最初は量をこなすことで
質をあげていくわけです。

 

初めから質を求めてしまうと
完璧主義が発動して何も行動できなくなる。

それが最も悪です。

行動しなかったら失敗もしないけど成功もない。

 

そんな感じで、

「迷ったら全部やる!とにかくテストテスト!」

と意識していくと、どんな分野でも
圧倒的スピードで成果をあげることができます。

動画でも話してるので聞いてみてください。

 

こちらの記事のメソッドと同時に使うと
異次元レベルで効率アップします。

学習効率が2.7倍アップするコイントス爆速メソッド

 

▼高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。