※悪用厳禁 理論的におっ◯い触り放題…!?人を動かすのは正しさよりも自信。

どうも、ひろつぐです。

僕はYouTubeとかでお笑い芸人のコントの動画を見るのが結構好きで、ちょっとした息抜きの時間なんかに、よく漁り回ってるんですが、最近見た動画でとても面白いと思った動画があったのでシェアしたいと思います。

この動画を見て、僕はつくづく

「”根拠のない謎の圧倒的な自信”って大事だなぁ。。」

と思いました。

 

※※※悪用厳禁※※※

健全なる男子諸君、心して聞くがよい。
今日紹介する動画を見ると、ななななななんと!!!
あの子のおっ◯いが触りたいときに触れるようになってしまう…!?(かも)

※※※※※※※※※※※※

(黒背景に赤文字にするだけでこんなにも過激な印象になるのね…。色って大事…。)

 

その動画がこちら!

理論的におっ◯いを触る方法/バカリズム

 

 

と言っても見ない人もいると思うので簡単に説明すると、

バカリズムが会社の女性に

「おっぱい触らせてくれない?」

と頼んで、普通に断られるところから始まり、
そこからバカリズムの論理的(に見える)説得で、
消去法などを駆使して相手を圧倒していき、
相手はそれにどんどん納得させられて、
最終的には女性はバカリズムにおっぱいを触らせてしまう、

というネタなんですが、これがなかなか面白いわけです笑

どこが面白いのかというと、
普通に話しだけ聞いたら絶対に納得できないような論理展開でも、バカリズムの淡々とした話し方と間の取り方、さらに言うと謎の圧倒的な自信によって、なんとなく説得力を感じてしまい、下手すると見てるこっちも納得させられてしまいそうになるところです。(話の内容的には論理破綻しまくりだし、実際こんなんで触らせてもらえるわけが…笑)

 

で、このバカリズムのネタを通して僕が何を伝えたかったのかというと、
「これを勉強しておっぱいを触りまくろう!!!」

じゃなかった、、

【良くも悪くも、人を動かすのは正しさよりも自信】

ってことです。

 

いくら正しさを一生懸命に主張したとしても、
その人の話し方や伝え方が自信がなさそうに見えてしまえば、
その話に説得力は生まれず、人は動かせないし、

逆に言えば、
いくら論理破綻しているような頭のおかしい主張だったとしても
その人の話し方や伝え方に謎の圧倒的な自信を感じてしまうと、
その話に妙に説得力を感じてしまい、人は動かされてしまいます。
(このバカリズムのネタのように…笑)

だから、人を動かしたり自分についてこさせたりするには、正しさを一生懸命に主張しようとするよりも、例え根拠がなくても、謎の圧倒的な自信を見せるってことが大事なんだと思いました。

ビジネスでもよく同じことようなことを言われてます。
単純に、誰だって自信がない人から商品は買いたくないですから。。

 

もちろん根拠がないよりはあった方がいいのは当たり前なので、根拠を作るための努力はしていくべきとは思いますが、最初のうちは根拠なんてないわけだから、

【根拠なんてなくても自信を持つことができる度胸】

っていうのも大事なことだと思います。

いくら自信を持とうが自由だし、自信を持つのはタダなので!

 

それに、どれだけ素晴らしい事を主張してたとしても、それが相手に伝わらなかったら無意味ですし、、

最初はその自信が嘘だったとしても、それを貫き通すことでどんどんそれが本当になっていくんだと思うし、むしろそれを自分自身で”本当の自信”に変えていけばいいんだと思います。

 

そういえば、ワンピースのルフィなんて仲間が1人もいないときから

「海賊王におれはなる!!」

とか自信満々に言ってて最初は笑われたりバカにされたりしてたけど、結果的にその自信に惹かれてどんどん魅力的な仲間が増えていって、

今じゃもう「あいつ本当に海賊王になれそうじゃね?」って誰もが思うようになってますよね。それと同じ感じです。

やっぱり自信あるやつについていきたくなるもんですよね、人って。

不安なときは誰でもあるわけだから、そんなときに自信満々で「大丈夫。」なんて言われたら、安心します。

 

ナミ「ルフィ…助けて…」
ルフィ「当たり前だーーー!!!!!(ドンッ!!!)」

的な。

rara1

 

 

 

ということで、伝えたいことがあるときには、ちゃんと自信を持って伝えよう!

相手を安心させるためにも。(おっぱいを触るためにも!)

合言葉は【人を動かすのは正しさよりも自信】です。

 

理論的におっ◯いを触る方法/バカリズム

 

 

PS.

このバカリズムの動画と全く同じ手口で

「相手を奴隷にする」

という動画も、バナナマンのネタでありました。

こっちも、日村がどんどん設楽の奴隷になっていく過程が秀逸です。笑

余談ですが、個人的にバナナマンのネタはどれも完成度が高くて面白いので大好きです。YouTubeにあるバナナマンの動画で見てないやつ多分ないです。。笑

 

南瓜/バナナマン

 

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「ひろつぐさんから教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。