親知らず抜歯して死ぬかと思った話。その道のプロの言うことは聞け

どうも、ひろつぐです。

今日、右下の親知らずを抜歯してきました。

あぁ。。死ぬかと思った。。

 

その体験から、ビジネス成功の秘訣である

「プロの言うことは聞け」

という大事な教訓を得たので
そのことについて話してみました。

 

 

右上と左上を抜いた経験があった僕は

「下の親知らずもどうせ簡単に終わるっしょ♪」

とか、余裕こいてました。

 

しかも、歯科衛生士の綺麗なお姉さん方がいて

「全然痛がらなくてカッコ良い自分」

を見せたいとか思ってたんでしょうね。

いや、多分その気持ちがほぼ10割。

ほんとアホかよおれ。。

 

でも、下の親知らずは
上の親知らずとは次元が違いました。

やつらは強い。かなり手強い。

予想以上に時間がかかって、
予想以上に痛かった。

 

でも、僕はカッコつけて
痛いということを言わなかった。

手術の前に、歯医者さんに

「ちょっとでも痛かったら
左手あげてくださいねー」

って言われてたんですよ。

 

にも関わらず、変に意地張って

「いや、全然痛くねーし」

といわんばかりの顔で
左手をあげなかったわけです。(なんと愚かな…)

 

でも「痛かったら手あげてください」
っていう歯医者さんの言葉には
ちゃんとした理由があったんです。

 

痛いと人間の体は緊張してしまうので
口が大きく開けていられなくなったり
心臓が早くなって血がたくさん出たり

そういった弊害があったので
歯医者さんはその忠告をしたんですね。

手術がスムーズに終わるように。

 

にも関わらず、僕が
本当は痛いのに痛いと言わなかったばっかりに
手術も長引いてしまって、血もたくさん出て

僕は目の前が真っ白になって
意識がほぼ吹っ飛んでしまったんです。

いや、まじ死ぬのかと思いました。

 

で、結局痛すぎて、意識朦朧としながら
左手をあげたわけです。

そしたら麻酔を追加してくれて
その後はほぼ痛くなく、すんなり終わりました。

早く左手あげとけば良かった。。

 

 

この経験から、やっぱり

「プロの言うことは素直に聞くべし」

っていう風に思いました。

 

僕はいろんな人にビジネスを教えたり、

ライターさんを雇って
記事の書き方を教えてたりするんですが、

そのときに

『「守・破・離」の守を意識しろ!

まずは、うまくいってる人を
徹底的にパクれ!!』

ということを言っています。

 

僕自身、
ビジネスうまくいってる人にそう教わって
その通りにやったらうまくいくようになったので。

 

これも同じで、まずはプロの、
または結果出してる人の言うことを
素直に聞くんですよね。

で、徹底的に守る。パクる。

結局それが成功への最短ルートなわけです。

 

でも、多くの人が犯してしまいがちなミスに

「まずは自分でやってみます」

ってやつがあります。それがあかん。

うまくいく「型」ってのがあるのに
変に自己流を入れてしまう。

によって、うまくいかない。

 

ほんと最初の段階では
自己流とかまったくいらないんですね。

だって、プロが言ってることを
徹底的に守った方が、
明らかに結果でるの早いもん。

時間がかかってもいいってのなら別ですが
どうせならやっぱり短期間で成功したいでしょ。と。

思うわけです。

 

でも、まさに僕は今日
そのミスを犯したわけです。。

プロが「痛かったら言え」って言ってるのに
「痛いのにカッコつけて言わない」ってことを
僕はしてしまったわけです。

自己流を入れてしまったわけです。

 

自分で人に「自己流いれるな」って
アドバイスしてるくせに、

自分でやっちゃってんじゃん。。
ダメじゃんおれ。。

て感じ。

 

 

そうそう「カッコつける」ってのは
ほんと無駄の極みです!(なぁ自分!)

自分が本気で進化・成長するときや
本当に大事なことをやるときって、
本来カッコつけてる余裕なんてないはずなんですよね。

 

例えば、自分の命がかかってて
「明日までにこれやんなきゃ死ぬ」

って状況だったとしたら、

「じゃあどうやったら、よりカッコよくできるか?」

とか考えられないわけです。

 

だから、カッコつけながらだと
本気で進化・成長なんてできないってこと。

進化するときはダサくてOK。

むしろ、

「カッコつける=余裕ある=本気じゃない」

てことになるから、

ダサくなかったらダメなわけです。

 

 

・プロの言うことは素直に聞く!

・うまくいってる人を徹底的にパクる!

・変にカッコつけるな!
本気で進化・成長するときはダサくてOK。
ダサくないなら本気じゃないから、むしろダメ!

 

てな感じですね!今日言いたかったのは

動画でもそんなこと話してます。

 

では!

 

PS.
あーチョコ食べたい!!
けど痛くて食えない!!

失って気付く、お口の健康のありがたみ。。

 

PS.
歯科衛生士の綺麗なお姉さん、
今日夢にでてきて看病してね!!(え

 

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「ひろつぐさんから教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。