母の通販と集団心理リンゲルマン効果と人間的器の大きさ。「自分がやらなくてもどうせ誰かが…」の謎。

こんばんは、ひろつぐです。

今日は、最近ネットショッピング
(通販)を覚えた母を見て
「なるほど面白いなぁ」
と思ったことをシェアしてみたいと思います。

最近ネットショッピングで
母がお皿を買ったんですが、
ネットショッピングって
“レビュー”っていうものがありますよね。

 

レビューというのは、あの

 

「☆5つ!思ってた以上に良くて大満足です!
またここで買い物したいです♪」

 

だったり

 

「☆1つ!思ってたのと全然違くて
梱包も雑で残念でした・・・」

 

だったりという
買って使ってみた感想のことなんですが、

お皿を買った母が

 

「レビュー書こうと思ったんだけど、
どこから書けばいいかわかんなくて
教えてくれない?

それともみんな書いてるし
書かなくてもいいかしらね~?」

 

ということを言ってきました。

 

 

僕はこれを聞いて、
ある言葉を思い出しました。

 

それが

 

「人が何人集まったときに
集団心理が働いてしまうかが
その人間の器の大きさを表す」

 

という言葉です。

 

 

これは確かどこかの経営者さんが
言っていた言葉なんですが、
僕はこれを聴いたとき、
結構グサッと刺さるものがありました。

 

この言葉が何を言いたいのかというと
簡単に言えば、

 

【人が何人集まったときに、
「自分がやらなくてもどうせ誰かがやってくれるだろう」
という”集団心理”が働いてしまうのか?で
その人の器の大きさがわかる】

 

ということですよね。

 

 

この”集団心理”には面白い実験があって、
綱引きをするときに、1対1のときには
自分がひかなきゃ完全にひっぱられちゃうから
100の力でひくんですけど、

人数が2人になったときには95以下
3人のときは85以下、

そして8人に増えたときには50以下にまで
1人の力が下がってしまうらしんです!

 

つまり集団になればなるほど手を抜く
という習性が、人にはあるみたいです。

 

ちなみに、
心理学者のリンゲルマンという人が
これを見つけたので、

こういった集団心理のことを、
心理学では【リンゲルマン効果(社会的手抜き)】
というらしいです。

 

 

他にも、例えば街で人が倒れてたとして
そこに自分しか通らなかったら助けるけど
周りにたくさん人がいれば

 

「自分が助けなくても誰かが助けてくれるだろう」

 

って思ってしまったり、

1対1で話をしていたら、
相手の話を無視するなんて
そうそうできないけど、

1対多で話してると

 

「自分くらい反応しなくても
誰かが反応してくれてるだろう」

 

って思ってしまったり、

考えてみると、日常の中でも
このリンゲルマン効果とやらが働いてる場面て、
結構あるかなって思います。

 

だから、人が密集してる都会では
みんなが周りの人に無関心になってしまったり
するのかなと思いました。

 

まさに、ネットショッピングでお皿を買って
レビューが面倒だと思った母にも、
この集団心理が働いてしまったのかなと
思ったわけです。
(母は最終的にレビュー書いてましたけどね!笑)

 

 

これは結構、
無意識的に働いてしまうみたいなので
僕も普段から気をつけたいなと思いました。

 

だって

 

「自分がやらなくてもどうせ誰かがやってくれるだろう」

 

っていつも思っちゃう人って
あんまり人としてカッコよくないですもんね。

 

僕も普段、そういう集団心理が
働いてしまうことは結構あると思うので、

これからは、例えそこに
何百人何千人何万人何億人という人が
集まっていたとしても、

 

「自分がやらなきゃだれがやる!」

「これは自分に言われてることなんだ!」

 

という”当事者意識”を常に忘れずに、
いつでも100の力を出せるような
器の大きい魅力的な人間でありたいなと思いました。

 

ということで、今日は
母のネットショッピングから学ぶ
集団心理と人の器の大きさのお話でした!

ではではまた明日!

 

 

 

PS.

僕のメルマガなりブログなりを読んで

「いろいろ感想はあるけど
載せられるかもしれないと思うと
無暗に感想を送れない。。。」

と思う人もいるみたいなんですが、

感想を送る際に、
それを一言添えてもらえれば
絶対に載せたりしませんので、

思うところがあれば
躊躇せずどんどん送ってほしいなと思います。

 

例えそれが、
結果的に僕の意見と反対の意見に
なってしまったりしたとしても、

それで怒ったりとか
否定したりとか批判したりとかは
僕は絶対にしませんし、

 

むしろ、そうやって
いろんな人の意見を聞くことで

僕自身が

「あぁここの伝え方や言い回しはよくなかったな」

とか

「もう少しこうやって伝えた方が
伝わりやすかったかな」

とか

「自分のこの考え方は改めた方が良いな」

とか

いろいろ考えることができて、
自分の成長につながると思いますので!

どうぞよろしくお願いします^^

 

PS2.

最後にはきちんとレビューを書いた母の
人としての器の大きさを表すかのように、

母が買ったお皿の器も大きかったです。。。

 

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「ひろつぐさんから教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。