同情しやすい人の心理と治し方。過保護VS放任主義、どっちの親が良いか

どうも、ひろつぐです。

さて、Twitterでかなり大切なこと書いて
大きな反響をいただいてるので、
同じ内容を掲載しておきます。

「同情」に関する僕の考えです。

 

=====ここから=====

心優しい良い人ほど
すぐ人の不幸に同情しちゃいがちだけど
「同情」って実は良いこと1つもない。

同情したところで本当の意味で
相手を救えるわけじゃないし、
ただただ消耗して自分がマイナスになるだけ。

しかも変に同情して助けちゃうと
相手の自立心も奪うことになって
相手のタメにもならない。

 

前に、友人の身内に不幸があって
「お金貸して」と言われた時、
変に同情して貸したけど、
結局それは未だ返ってこぬし、

何ならその後も何度も何度も
「また貸して」と言ってくる始末。

変に同情して簡単に助けてしまうと
相手の成長や自立心も奪いかねない。

だから僕は基本、同情はしないし
簡単に人助けもしない主義。

 

不幸とか苦労とか困難って
本人が”成長するため”に起きてて
それを簡単に助けてしまうのは
「人の成長を奪ってる」とも言える。

もちろん、どうしても大変な時や
誰かの助けが必要な時もあるけど、

その助けはあくまで
「自立のための一時的な補助」であって
結局、最後に自分を救うのは自分自身。

 

これ、子育てにも通じるらしく
育児アドバイザー歴23年の人が

「親が心配性で
あれこれ面倒見すぎる”過保護教育”は、
将来ギャンブル・恋愛・タバコなどの
依存症になりやすい子になる。

時には突き放しつつも
子供を信頼して適度に見守り
本当のピンチだけ手助けする”放任教育”は、
成長も自立も早い子になる」

と言っていた。

 

短期的&表面的に見れば、一見
過保護的な方が愛があるようで
放任主義の方が冷めて見えるけど、

長期的&本質的に見れば、実は
過保護的な方が将来を冷めさせて
放任主義の方が愛に満ち溢れてる。

というパラドックス。

何事も長期目線で本質を見極めるの大事。

 

「同情」は長期的&本質的に見ると
あらゆる面でマイナスしかない。

=====ここまで=====

 

ということで、
感想アウトプットなどもまた
どしどしお待ちしてます。

では!

 

P.S.
昨日のメルマガで配った、

【最速でフォロワー1万人の媒体を作る
 「Twitterマーケティングの書」】

ですが、こちらもめちゃめちゃ大人気で

  • 「これほんとタメになりました!有料級!!」
  • 「早速Twitterアカウント作りました!!」
  • 「復習しましたが新しい気づきがありました!」

などなどなど、
たくさんの感想メッセージいただきました。

 

下記の記事からまだ見れるので
まだ受け取ってない人も
ぜひダウンロードして活用してみてください。

Twitterのコスパの高さは異常。クロスメディア戦略と最先端のマーケティング

2019年8月15日

 

P.S.2
コンサルしてる方との通話音声で
かなりエグい内容のものが録れました。

億を稼ぐビジネスマン達から継承した

 

【最速成功のための極秘情報】

 

ばかりを話しちゃってる通話音声です。

コンサル相手の方からOKももらえたので
次回あたり、期間限定で配ろうと思います。

かなりヤバイ話が盛りだくさんなので
ぜひ楽しみにお待ちください。

 

P.S.3
かねてよりお伝えしている
「コンテンツビジネス×仕組み化」
についての新企画ですが、

クリック解析アンケート調査をしたら
参加希望者がかなりの人数いることが判明。

中にはすでに、
かなりアツい内容の参加表明メッセージもいただき
案内できるのが楽しみになってきました。

現在、超特急で形にしているので
そちらの案内もお楽しみに。

 

もし少しでも興味があったり、
「ぜひ参加したい!」という方は
メルマガにて募集するので
下記からメルマガ登録をしておいてください。

▶︎メルマガに登録する

※無料で登録できて、解除もいつでもできます。

 

1人1人のサポートを重視した企画にするつもりなので、
そんなにたくさん人数はとれないと思います。

メルマガのみで案内メールを送りますので
参加希望の方はお楽しみに!

興味がなければスルーでOKです!