お金持ちと貧乏人の決定的な違い。貧乏だった僕を変えたたった1つの習慣

▼【PR】高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner

どうも、ひろつぐです。

僕の周りには、20代で月収数百万円の人や
場合によっては20代で月収数千万円の人も
ごろごろいます。ごろごろり。

で、その人たちの共通点と、
貧乏な人との決定的な違いについて
動画でしゃべってみました!

軽く3分くらいでまとめようと思ったら
15分以上になってしまいましたが…

でもさらっと聞けると思うので
最初の5分だけでもぜひ聞いてみてくださいな。

 

動画でしゃべってることについて
文章でも簡単に解説しておきます。

 

まず、結論。

お金持ちの人の共通点は

圧倒的に知識に投資している

もうこれに尽きます。
つまり勉強してるわけですね!

 

というか、実際のところは、
多くの人が勉強しなさすぎてるから
勉強してる人がめっちゃ勉強してるように見えるだけかもしれません。

それくらい、多くの人が
「勉強」ってしなくなりますよね。

特に、社会人になってからは
意識的に学ぼうとする機会って
かなり減る人が多いと思います。

まぁ勉強しなくても誰にも怒られないんで
当然っちゃ当然かもしれません。

 

でも、「学ぶ」ってのは
むしろ大人になってからの方が
重要だと思ってます。

だって、それがもろに収入に直結するから。

 

富は情報格差によって生まれるんです。

情報=知識、と言っても良いので
つまりは、知識のあるところにお金が集まるってことです。

なので、知識に投資しないということは
貧乏ルートまっしぐらなわけですね。。

逆に言えば、どんな人でも
知識にきちんと投資さえしていけば
お金持ちになることができるってこと。

年齢も学歴も資格も、
全く関係ありません。

 

例えば、僕は、22歳&高卒&資格ゼロ、
というクズスペックのガキンチョですが、

こんな僕でも40代のサラリーマンの人を
記事ライターとして雇ったりしてるわけです。

しかも、時給換算すると、
時給200円くらい。超激安。

 

クラウドソーシングで雇ってるので
向こうはまさか、雇い主が22歳のガキンチョだとは
思ってもみないでしょう。

こんな若造の僕に対して、
圧倒的に年齢が上の人が

「アドバイスありがとうございます!
大変勉強になります!
これからもいろいろとご指導よろしくお願いします!」

みたいな感じで言ってくるわけです。

きっと向こうは僕のことを
「すごい経営者さんなんだ」
みたいな風に思ってるんだと思います。

ビビりますよね。これ。。
僕も自分でビビってます。。

 

でも、これって、
僕とその方とで大した差があるわけじゃない。

ただ単に、僕が
「人の雇い方」や「求人の出し方」というのを
学んだだけ。

たったそれだけの違いなんです。

これも情報格差ですよね。

 

逆を考えると、僕はほんとに恐ろしくなります。

もし僕が40、50になったときに
情報・知識を学んでいなかったとしたら・・・

22歳のガキンチョに時給200円で
雇われることになってるかもしれないってことですよね。

これは絶対に嫌なわけですよ、僕は。

 

だからこそ、知識に投資するってのは
ほんとに鬼大事だと感じています。

そんなことを動画でも話しています。

ぜひ、空き時間にでも聞いてみてください。

 

学び学び学び!勉強勉強勉強!
知への投資投資投資!

の精神で、これからもどんどん
自分を高めていきたいと思います。

 

では!

 

▼高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。