親知らず抜歯して死にかけた!?Part2 同じ失敗を2回以上するな

▼【PR】高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner

最後の親知らずの抜歯…

どうも、ひろつぐです。

今日は朝から歯医者で、
左下の親知らずを抜歯してきました。

1ヶ月ちょっと前に、右下の親知らずを抜いたとき
僕が死ぬ思いをしたことは覚えていますか?
(↑知らねーよ)

通称「親知らずの変」です。

詳しくはこちらの記事で書いてます。

親知らず抜歯して死ぬかと思った話。その道のプロの言うことは聞け

 

で、今回、「左下の親知らず」という
ラスボスと決闘してきたわけです。

これでついに、僕の親知らず騒動は終わり。

上下左右、すべての親知らずと
オサラバすることができる..!!

 

そう思いながら、勇ましく戦いに臨みました。

結果、またもや死にかけた…!?

動画で詳しく話しています。

 

 

はい!
今回は死にかけませんでしたよ!!

僕の圧勝でした!!

 

というのも、前回の反省を活かして、
治療開始5秒で手をあげて、「痛い」と伝えました。

そうそう。
前回の記事でも書きましたが、
前回の右下の親知らず抜歯のときには

「痛かったら左手をあげてくださいね」

と歯医者さんに言われていたにも関わらず、
痛いの我慢して手をあげなかったんです。

歯科衛生士さんが美人さんだったので
カッコつけたかったんでしょうね。(しょーもな!)

 

その結果、

痛い→体が緊張→口が閉じる
→治療がスムーズにいかない
→血がたくさん出てしまう

という悪循環が起こってしまい、
意識が朦朧として、お花畑が見えてしまいました。

 

が!今回はその反省を活かして、
ちょっとでも痛かったら速攻で手をあげた。

そしたら、歯医者さんがすぐに麻酔を追加してくれて
そのあとは全く痛くなく、苦しむことなく
快適にスムーズに抜歯が終わりました。
あっけなかった。

こんなラクだったのかよ!!!
前回死にかけたのはなんだったんだよ!!!

って感じ。

 

 

僕はいろんな人から
ビジネスを教わってるんですが、
うまくいってる人は皆、口を揃えてこう言います。

「1回目の失敗はどんどんしろ!
ただ同じ失敗を2回以上やるな!」

 

この考え方はめちゃくちゃ重要です。



多くの人は、1回目から成功しようとして
失敗を恐れて行動できません。

日本の教育的に、「失敗=悪」
みたいな価値観が刷り込まれてしまうので
仕方のないことかもしれません。

 

でも、失敗を恐れて行動しないことが一番の失敗です。
リスクを恐れて行動しないことが一番のリスク。

 

だから別にいいんですよ。一回目は失敗しても。

ただ!「同じ失敗をするな!」ってことです。

 

僕も今回、
1回目の右下の親知らず抜歯での失敗体験を活かして
2回目の左下の親知らず抜歯は成功できたわけです。

まさしく、

「1回目の失敗はどんどんしろ!
ただ同じ失敗を2回以上やるな!」

を体現したわけですね!

 

失敗を恐れずにどんどんチャレンジして
失敗したらしたで次に活かしていきましょう!

そんなとこです。

動画です。

 

ではでは!

▼関連記事
親知らず抜歯して死ぬかと思った話。その道のプロの言うことは聞け

 

P.S.
そういえば、長年使っていた電動歯ブラシが
まったく動かなくなってしまったので、
新しいやつを買おうと思います。

と思ってたら、こんな良い記事発見…!!

【徹底比較】歯科衛生士の!推し電動歯ブラシおすすめランキングトップ5!

 

ふむふむこれは参考になるなぁ。。
この第5位の「スマホとの連携機能」がある
電動歯ブラシ、気になる。。

ちなみにこのサイト、
僕が雇ってるライターさんである
歯科衛生士の方に書いていただいてるので
かなり勉強になりますよ!
(自社メディアの宣伝)

 

P.S.
タリーズのアイスがおいしすぐる…

 

▼高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して、3ヶ月で月収100万円を達成した物語▼

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。