【激怒】オセロで惨敗…。情報の重要性と基準値の高さ

悔しすぎる…!!

どうも、ひろつぐです。

オセロで負けまくって悔しすぎた話。
から学ぶ、情報の重要性と基準値の高さ。

やっぱり情報持ってるやつは強い。。

動画で喋ってみました。

 

正月休み、リビングで少しのんびりしていると
オトンがガサゴソとカバンからスマホを取り出し
何やらやり始めた模様。。

少しすると、僕に向かって、

「おい、ひろ。コレやってみ。
ゼーーーッタイ勝てねぇから。」

と言ってスマホを渡してきた。

 

画面に写っているのは「オセロ」。

 

「いやいやいや。オセロかい。
こーーんな単純なゲーム、何回かやれば勝てるっしょ」

 

そう言いながら完全にナメた態度で
レベル30のコンピューターとオセロの対局を始める僕。

 

「いやほんっとこのレベル30の敵強ぇんだで!
何回やっても1日じゃ100%勝てないね。」

相変わらず横で、そう豪語している父。

 

「ほーほー。いっちょサクッと勝ってやるか。」

小学校のときに「囲碁・将棋クラブ」という
なんとも地味〜〜〜なクラブで猛威を振るっていた
自称天才の僕からしてみたら、こんなもん余裕だ。

と思っていたはずが…

 

1回戦目。

 

・・・続く。